サロンの光脱毛のほうがVIO脱毛の痛みは少ないって本当?/てかてかぴかぴか美肌

VIO脱毛は痛くて当然!?おすすめの対処法は?/てかてかぴかぴか美肌

VIO脱毛というのは、アンダーヘアの脱毛のことです。
日本ではこの部位の施術はあまり行われてきませんでしたが、欧米などでは普及していて
VIO脱毛などでお手入れすることがマナーになっています。

処理することで、下着や水着から毛が出る心配がなくなる他、生理時も清潔に保つことができます。
しかし、VIO脱毛はデリケートゾーンなので、施術の際に痛みが出てしまいます。

そこでおすすめなのが、痛みを軽減する対処法です。自分でできて、一番効果的なのは、お肌の保湿です。
乾燥しているお肌は刺激を受けやすいので、日頃のケアをしっかりすることで、効果を発揮するのでおすすめです。

デリケートゾーンというのは、あまり保湿ケアしないという人が多いですが、
お手入れすることで、保湿だけでなく、黒ずみ対策にもつながります。

施術による痛み

脱毛機というのは、黒い色に反応するように作られているので、お肌の黒ずみがあると
余計に反応して痛くなってしまいます。ですから、VIO脱毛をする際には体を締めつける下着を着用すると
黒すみが悪化してしまうので、ゆったりとしたものを選ぶのもおすすめです。

痛みを感じやすい、生理前後や体調不良のときは施術を避けるようにするという方法もおすすめです。
できるだけお肌への刺激をやわらげることで、快適に脱毛できるようになります。

スタッフとのおしゃべりで気を紛らわすという方法などもあり、自分に合った方法を見つけてVIO脱毛を受けるようにしましょう。

サロンの光脱毛による痛みの程度とは

VIO脱毛脱毛の方法として最も選ばれているのは自己処理であり、カミソリやクリームなどが使用されています。
毛根から抜くのは痛みが強いため、ジェル脱毛はあまり行われていません。

カミソリと除毛用クリームによる方法は昔からよく行われていますが、肌トラブルが起こりやすいという問題もあります。
VIOはデリケートゾーンと言われるだけあり、肌も非常に繊細になっているのです。

非常にダメージを受けやすいゆえに、自己処理よりもサロン脱毛をおすすめします。
サロンの光脱毛をおすすめする理由は、痛みが非常に弱いからです。

傷みが弱い施術

確かに昔のサロンのVIO脱毛は痛かったですが、その当時は光脱毛ではなくレーザーを使用していました。
レーザーは照射面積が狭い代わりに、パワーが一点に集約されてしまいます。痛みを抑えるためには、
レーザーより光のほうがおすすめです。

サロンのVIO脱毛は光が主流であり、最近はほとんど痛さを感じない方法が主流となっています。
以前はパチンとした刺激を伴ったり、ジリジリした痛さがあったりしましたが、最近はほのかな熱を感じる程度のマシンが増えています。

非常に快適にVIO脱毛を受けられるので、肌が丈夫でない方にもおすすめです。
VIO脱毛を受けて困ることはほとんどなく、自己処理による手入れが不要になる、肌がすべすべになる、
汗とニオイが減少するなどのメリットがあります。

唯一の注意点があるとすれば、薄さ・デザインなどの指定をするのを忘れて、完全ツルツルにしてしまうことくらいです。

HOMEへ若い世代の脱毛思考肌への負担が少ない施術脱毛で起こる可能性のある症状体毛が硬くなる傾向の強い人充実したサービスを選ぶ自己処理のデメリット脱毛を受ける割合や年齢デリケートな部分快適な学生生活のためにコースバリューで賢く脱毛敏感な年頃の脱毛夏を楽しむための脱毛VIO脱毛の種類脱毛中に妊娠した場合アルコールの摂取運動してはいけいない理由メンテナンスが楽になるレディースシェーバーを使うサロンで無駄毛を焼き切るスタッフの対応が丁寧なキレイモミュゼはしつこい勧誘がない気になる色素沈着低料金でもサービスが良いラヴォーグの嬉しいサービスミュゼでの施術の安心感事前にデザインを決める予防接種後は絶対NGラヴォーグでのVIO脱毛光脱毛による痛みの程度安くて安心なサロン医療クリニックと脱毛サロン医療機関での脱毛のメリット施術回数の上限Sitemap