全身脱毛中にお酒を飲むことは許される?/てかてかぴかぴか美肌

全身脱毛前後のアルコールとの付き合い方/てかてかぴかぴか美肌

全身脱毛前後にビールやお酒などアルコールを摂取しても良いのか、ずばりその答えは飲酒はできるだけ控えることが望ましいです。
つまり脱毛前後の飲酒はNGであると考えたほうが良い理由は、アルコールを摂取することで通常私たちの全身は非常に血行が良くなります。
飲酒自体により体温が上がることで、脱毛前後に飲酒を行うとお肌の赤みやかゆみ、そして刺激により湿疹が出てしまうなどの影響も無視できないからです。

脱毛と飲酒

脱毛の施術では飲酒にどのくらい時間を置けばよいのか、これは個人の差によるところも大きく一般的にアルコールの分解速度は
ビールの中サイズ瓶1本であれば、男性でおおよそ2時間弱、女性ではおおよそ3時間という平均値が出されてはいますが、
飲む量や性別の違い、そしてお酒に強いタイプ弱いタイプによって人それぞれ分解の速度がことなります。

そのため施術を行う方に対しては、これらのアルコール分解速度を考慮し、施術お手入れの前後の12時間以内の飲酒は控えるように通常呼びかけがなされています。
また脱毛の前夜の飲酒も控えるのがお勧めで、飲酒を控えるタイミングをまとめると施術前夜と施術後の夜の飲酒は避けることを推奨します。

アルコール分解速度は個人差がある

アルコール分解速度は個人差による違いも大きく、飲酒の影響がすべての人に該当するとは言い切れませんが、
仮に脱毛中の前後にアルコールを摂取してしまった場合、どのような対処をすべきかの把握もしておくことも大切です。

最も良い対処法は当日入れていた予約をキャンセルし、後日改めて予約することですが、施術が行われるサロンによっては
少量の飲酒なら大丈夫という場合もありますので、飲酒した旨をサロンにまず申告し施術可能かどうかの判断を任せるべきです。

サロンに相談

もちろんアルコールが体から抜けている状態であれば、まったく問題ないです。
アルコールが抜けているかの判断は、摂取後12時間がポイントですので仮に予約の前日にお酒を飲んでしまったとしても、
飲酒から12時間の時間が経過している場合なら通常問題はないとします。

しかしながら、たとえこれらの時間が経過していた場合でも、個人の差によりアルコールに弱いまたは大量に飲酒しており
二日酔いと言われる状態であれば、それは体にアルコールがまだ残っていると言えます。
この場合は、時間経過だけで判断するのではなく、アルコールが完全に体から抜け自身の体調が十分に回復するのを待ってから再度予約するのが理想的です。

HOMEへ若い世代の脱毛思考肌への負担が少ない施術脱毛で起こる可能性のある症状体毛が硬くなる傾向の強い人充実したサービスを選ぶ自己処理のデメリット脱毛を受ける割合や年齢デリケートな部分快適な学生生活のためにコースバリューで賢く脱毛敏感な年頃の脱毛夏を楽しむための脱毛VIO脱毛の種類脱毛中に妊娠した場合アルコールの摂取運動してはいけいない理由メンテナンスが楽になるレディースシェーバーを使うサロンで無駄毛を焼き切るスタッフの対応が丁寧なキレイモミュゼはしつこい勧誘がない気になる色素沈着低料金でもサービスが良いラヴォーグの嬉しいサービスミュゼでの施術の安心感事前にデザインを決める予防接種後は絶対NGラヴォーグでのVIO脱毛光脱毛による痛みの程度安くて安心なサロン医療クリニックと脱毛サロン医療機関での脱毛のメリット施術回数の上限Sitemap